賃貸申し込みから契約までの手続きについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

申し込みとは貸主に入居の意思を書面で送り伝えることです。申し込み書と併せて審査時に必要な書類を提出する必要があります。どんなものが必要になるかここでは一般的な話になりますが挙げさせていただきます。

審査時に必要な書類とは

入居申し込み書と併せて以下のものが必要になります

①個人契約

【会社員の場合】
「顔写真付き身分証」・・・運転免許証(裏表)又はパスポートのコピーのいずれか。
「在職証明書」・・・健康保険証(社保)、社員証、在籍証明書、内定通知書のいずれか
「収入証明書」・・・源泉徴収票、確定申告書、住民税課税決定通知書、課税証明書、直近の給与明細3ヶ月分のいずれか

【経営者・自営業者の場合】
「顔写真付き身分証」・・・運転免許証(裏表)又はパスポートのコピーのいずれか。
「在職証明書」・・・健康保険証(社保)、社保でない場合は国保を参考までに提出することがあります。
「収入証明書」・・・源泉徴収票、確定申告書、住民税課税決定通知書、課税証明書のいずれか

②法人契約

【中小企業の場合】
「会社概要」・・・ホームページがあればWEBで代用が可能。
「会社謄本」・・・取得後3ヵ月以内のもの。
「決算書」・・・貸借対照表、損益計算書、販管費の内訳(1期分~3期分)*物件によって何期分必要か違いがあります。
「入居者身分証」・・・運転免許証(裏表)又はパスポートのコピー。
「入居者在職証明書」・・・健康保険証(社保)、社員証、在籍証明書、内定通知書のいずれか。

【大手法人の場合】
「会社概要」・・・ホームページがあればWEBで代用が可能。
「入居者身分証」・・・運転免許証(裏表)又はパスポートのコピー。
「入居者在職証明書」・・・健康保険証(社保)、社員証、在籍証明書、内定通知書のいずれか。

*審査時に原本提出の必要はありません。また、物件によって入居審査の基準、必要書類は異なりますので、必ず何が必要になるか不動産会社に確認をする必要があります。

契約時に必要な書類とは

特にどこかへ行って取得しないといけないものをここではあげておきます。

個人契約、法人契約(入居者)の場合も
・住民票
・印鑑証明書・・・印鑑証明書は実印契約の物件の場合必要。
(3か月以内に取得のものが1通ずつ)

の2つが必要になることがあります。

法人契約の場合も、連帯保証人を必要とする契約の場合は印鑑証明書が必要になることがございます。

住民票、印鑑証明書いずれも必要ない物件もあるので申し込みした物件で契約時必要書類は確認しておきましょう。

 

一般的に、物件の申し込みからご契約開始(賃貸借契約始期日)までは2週間程度となります。それ以上をご希望する場合(2週間程度以上後のご契約開始日を希望の場合)は交渉となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA